もしも住宅ローンの支払いに困ったら

もしも住宅ローンの支払いに困ったら
コラム
任意売却ってご存知ですか?
念願のマイホームを手にいれても、長い人生の中ではいろいろあります。
もし住宅ローンの支払いができなくなったら・・
自宅を競売にかけられ、有無を言わさず家を追い出されてしまう
そんなシーンが目に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

 

任意売却とは??

もしも住宅ローンの支払いに困ったら
住宅ローンの支払いが難しくなった場合、例えば1000万円の住宅ローンが残っている家が1000万円で売れる事ができれば何も問題ありません。
しかし、800万円でしか売れない場合、差額の200万円を現金で用意できなければ銀行が抵当権を外してくれず家を売る事ができません=競売となってしまいます。

任意売却とは金融機関と交渉し、差額の200万円を後で支払うと約束して先に家を売らせてもらうという方法です。
競売は一般的な市場価格の7~8割程度の金額になることが多いのに対し、任意売却は市場価格に近い金額で売却する事が可能です。
引っ越しを子供の長期休みまで待ってもらったり、金融機関によっては引っ越し費用や新居の敷金を用意してくれる場合もあります。

残った住宅ローン(残債)は生活に無理のない程度の支払いで和解が進められます。

無理のない資金計画を

もしも住宅ローンの支払いに困ったら
ここまで読んで頂いた方の中には任意売却はメリットばかりと思われた方もいるかもしれません。
確かに住宅ローンの支払いが既に遅れ、このままでは競売になってしまうという方には有効な方法です。
しかし、せっかく手にいれたマイホーム、本当は手放したくありませんよね。
もし住宅ローンの支払いが難しくなった場合にはまずは金融機関に相談してください。
リスケジュールといって、月々の支払額を減らしたり、ボーナス払いをなくしたりなどの対応をしてくれる場合もあります。

冒頭にも書きましたが、長い人生の中にはいろいろあります。
病気、まさかの退職金カット、年金が思ったより少なかった、などなど。
大切なのはこれらのリスクを少しでも軽くする事です。
住宅ローンは80歳まで組む事が出来ますが、退職時には完済できるようにする、病気になったらそれ以降のローン支払いがいらない住宅ローンにする、ボーナス払いはできるだけ少なくする、など方法はいろいろあります。

弊社には住宅ローンアドバイザーやファイナンシャルプランナーの資格を持ったスタッフもおります。
これから家を買いたいけど無理のない支払いはどれくらいまでか知りたい方、既に住宅ローンを組んでいて、今後のお支払いが難しい方。
お気軽にご相談ください。
WORKS MORE
EVENT MORE