不動産業界の仕組みを知ると、中古物件を買うときに注意することがわかります!

不動産業界の仕組みを知ると、中古物件を買うときに注意することがわかります!
コラム
こんにちは、デザインネットワークアソシエイツです。

今回は、不動産業界の仕組みを解説します。

というのも、不動産業界の仕組みを知っておけば、中古住宅を購入するときに、どんな不動産会社に行って物件を探せばよいかが、おのずとわかってくるからです(!)


 

不動産会社と仲介手数料

不動産業界の仕組みを知ると、中古物件を買うときに注意することがわかります!
不動産会社は、主に「仲介手数料」で利益を出しています。

家の売買を仲介したときに、買主さま、売主さまからそれぞれ仲介手数料をもらえるようになっているのですが、その金額は、「物件の3%+6万円」というのが宅地建物取引業法という法律で定められています。

ただ、その仲介手数料が2倍になることがあります。

それは・・・

不動産会社が、売主さんから物件の仲介を依頼されて、その物件の買主さんを自力で見つけて売った場合です。

これを業界では「両手」と呼んでいます。(売主さん側からと、買主さん側からの、両方から手数料がもらえるからです)





 

基本的にはどの不動産会社も「両手」を狙っている

基本的には、どの不動産会社にとっても、仲介手数料が2倍になる「両手」仲介一番うれしいのです。

なので、買主さんが「中古物件を探しているのですが」とご相談に来られた時に、一番最初にご案内するのは自社が売主さんから仲介を依頼された物件になりがちです。

つまり、買主さん自身のご要望やご希望よりも、仲介手数料の両手を目指す不動産会社の都合によって、案内される物件が限られてしまう可能性があるということです。
 

じゃあ、中古物件を探すときはどうすればよいのでしょうか?

数はそれほど多くはないのですが、不動産会社の中には、「買主さん側の仲介だけ」を行っている会社があります。

買主さん側の仲介だけをおこなっている不動産会社の場合は、両手仲介を狙いにいくこともないので、純粋に買主さんのご希望に沿った物件を探してくれることになります。

物件をお探しのエリアに、そういった「買主さん側に特化した」不動産会社がある場合は、そちらに優先してご相談に行かれることをオススメします!



 

リノベーション前提で中古物件を探している場合の、不動産会社の選び方

また、中古物件の場合は、リノベーション前提で物件を探されることも多いと思います。

その場合に注意したいのが、「建築関係に強い不動産会社」を選ぶことです。

物件を内覧したときに、物件の経年劣化や、リノベーションしたらどれくらい費用がかかるかなどがわかる不動産会社のほうが、安心ですよね!

そういった不動産業者を見極めるには、「建築士が社内にいるか?」「建築士事務所登録がされているか?」「新築よりも中古の契約の方が多いかどうか?」などが目安になります。

まとめ:中古物件を買うときは、まず慎重に不動産業者選びを!

中古物件は、1つ1つ条件が違っています。
建築的な目線も必要ですし、物件+リノベーションのセットローンについての専門的知識も必要になります。

不動産会社にとっても、新築物件の売買よりも、中古物件の売買のほうが難しいのです。

よい不動産業者を選ぶことが、理想の住まいへの第一歩!

ぜひ、本記事を参考にしてみてください(^^♪
WORKS MORE
EVENT MORE